ビールは意外と奥深い

ビールは意外と奥深い

乾杯のお供として定着しているビール。
皆さんも、飲み会や宴会の1杯目として飲むことが多いと思います。
居酒屋やバーで飲むビールの美味しさの違いはどこにあるのでしょうか?
ビールとは麦を使った醸造酒のことを指します。
その製造方法や原料は数え切れないほど存在し、
その土地によってビールの味わいも大きく変わってくるのです。
美味しいビールを求めるのであれば、
ビアバーやビールを専門に置いている居酒屋を訪れてみましょう。
上質なビールが置いてあるのはもちろんですが、
こうしたお店は世界中からビールを取り寄せているため皆さんの舌に合う銘柄がみつかりやすいのです。
ビアバーやビール専門居酒屋でぜひ飲んでいただきたいのが、地ビールやクラフトビールです。
クラフトビールや地ビールは、
小さな醸造所で生産されているためコンビニやスーパーではなかなか流通することが無いビールになります。
原料も珍しい麦や水を使っていることが多く
よく売られているビールでは味わえないような風味を体験することが出来ます。
今までビールは苦手だったけれど、

地ビールやクラフトビールであれば美味しく感じられるというという人も少なくありません。
日本で製造されているビールの多くは、ラガーという製法で造られています。
いわゆる下面発酵ビールのことで、喉越しやスッキリ感を重視したビールです。
しかし、世界ではエールという種類のビールも人気を集めています。
こちらは、喉越しよりも麦の風味に重きを置いたビールです。
麦の香りを感じるために、炭酸が含まれないことも多いのが特徴です。
日本のビールに慣れている方は、最初に飲んだときに違和感を覚えるかもしれません。
しかし、繰り返し飲んでみると麦の芳醇な香りがクセになります。
ビールの新たな楽しみ方として、こうした銘柄のビールを飲んでみてください。