雰囲気

雰囲気

お酒は大げさに言えば、どこで飲んでも味は一緒です。特に瓶ビールなどは、どこのお店でも同じ味です。もちろん温度管理の違いなどによってお店ごとに多少の味の違いはあります。

 

道玄坂で評判のオイスターバー

 

しかしビールのマエストロでない限り、または、ビールの管理がとてつもなく酷かったりしない限り、一般の人の殆どはその多少のビールの味の違いは分からないのではないでしょうか?つまり、お酒が美味しい、美味しくないというのは雰囲気で決められてしまうのです。今日は美味しいお酒だったとか、今日のお酒は美味しくなかったという事を良く耳にすることだと思いますが、それこそまさしく雰囲気でお酒が美味しく飲めたか飲めなかったかという事なのです。

 

梅田で個室の居酒屋をお探しですか?

 

皆さんも経験をしたことがあるかと思いますが、仕事でうまく行かなかったから、同僚を誘って気晴らしにパーッとお酒を飲みに行く。こんな時こそ美味しいお酒が美味しくないお酒か分かれるのではないでしょうか?一緒に飲みに付き合ってくれた人たちと、会社であった嫌なことを忘れさせるくらい楽しい時間を過ごすことが出来たのであれば美味しいお酒になりますし、逆に折角一緒に憂さ晴らしをしたかったにも関わらず、同僚に自分のミスを責められてしまったりすれば、不味いお酒になってしまいます。

 

新宿 居酒屋 個室 れんま

 

つまり美味しいお酒を飲むためには、雰囲気が重要なのです。一緒にお酒を飲む相手の人もそうですし、お店の内装や、その時の自分の気持ち、そういった物が全て合わさって美味しいお酒になるのです。雰囲気とお酒は密な関係にあるのです。