焼酎の種類と製造法

焼酎の種類と製造法

焼酎は醸造酒である日本酒とは違って日本の酒類の中で蒸留酒として作られているものです。

 

ウィスキーやブランディーなどと同じ「スピリッツ」と呼ばれる蒸留して作る酒になります。
日本酒やワインなどの醸造酒は酵母の力で発酵させて作るのですが、アルコールだけでなく他の成分が混じっています。

 

川崎 居酒屋 個室なら陣

 

焼酎の作り方としては醸造法で出来た酒を熱しますと水分が蒸発する100度の沸点より低い温度{78.325度}でアルコールが蒸発しますので、この時の蒸気を集めて熱が冷めてきますと再び液体になります。

 

この液体はアルコールが中心の蒸溜酒となりますので醸造酒である酒よりもアルコール濃度が強い液体になっています。

 

http://r.gnavi.co.jp/a058411/

 

これが蒸溜酒である焼酎ですが似たような方法で外国で生まれたウイスキーやブランディー、テキーラ、ジンなどのハードリカーが作られるのです。

 

日本では焼酎にはアルコール濃度によって「甲類焼酎」と「乙類焼酎」に分けられていますが、甲類焼酎のアルコール度数は36%未満のものになりますが、この甲類焼酎は麦やコメ、糖蜜などを原料にして無色で比較的クセが少ないものになっています。

 

新宿で人気居酒屋はGarden〜ガーデン〜

 

甲類焼酎に比べますと乙類焼酎はアルコール度数が45%未満とアルコール度数が強くなります。
乙類焼酎は単式蒸留器で作りますが、原料には穀類や芋類、蕎麦などが使われて使用する原料によって風味と味が異なってきます。

 

沖縄で有名な「泡盛」も乙類焼酎で独特の風味とコクがあって人気があるハードリカーです。