甲類焼酎の製法と楽しみ方

甲類焼酎の製法と楽しみ方

焼酎は現代のアルコール飲料の中で最も人気の高い酒になりますが、焼酎を楽しむ上で最低の知識として知っておきたいことがあります。

 

川崎 居酒屋 陣

 

焼酎はコメなどから酵母菌を利用して醸造して作る日本酒やドブロクなどとは違った製法で作られている酒です。

 

醸造法でできた酒を蒸留器で熱して出てくる蒸気を集めて冷えてくることで液化したものが蒸溜酒になります。

 

焼酎はこの蒸留法で出来たもので海外生まれのウイスキーやブランディー、テキーラ、ジンなどと同じ製法になります。

 

http://shinjuku-akaneya.com/

 

しかし、焼酎には甲類焼酎と乙類焼酎という二種類があって、それぞれの蒸留法に違いが有るのです。

 

甲類焼酎は穀類や糖蜜を原料として使用して連続式蒸留器で何回も繰り返して蒸留して作る方法になります。

 

何回も蒸留を繰り返すことで不純物を出来るだけ取り除きますので、無味無臭のクセのない純度の高いアルコール飲料になるのですが、アルコール濃度を36度未満に押さえるために水で薄めて調整しているのです。

 

 

 

乙類焼酎は古くからの単式蒸留器での製法で、大正時代まではもっぱら乙類焼酎が中心でしたが大正時代にコメ価格の勾当がきっかけになって甲類焼酎が効率よくアルコール度数をあげられるので流行したのです。

 

甲類焼酎自体は無味無臭ですので梅酒のように梅と砂糖で付けたり、色々なジュース類などと混ぜてカクテルのように飲むことが流行っています。

 

サワー、カクテル、酎ハイ、お湯割りと自分の好きな飲み方が出来ますし、様々な果実を付けて果実酒などとして楽しめるのが甲類焼酎なのです。