乙類焼酎の作り方と楽しみ方

乙類焼酎の作り方と楽しみ方

焼酎にも甲類焼酎と乙類焼酎がありますが2種類に分別された原因は日本の政府が決めている税法上の課税基準にあります。
税制ではアルコール度数によってアルコール度36%未満を甲類焼酎としており、乙類焼酎は45%未満と決めて課税するのです。

 

http://r.gnavi.co.jp/23bed20y0000/

 

本来は甲類焼酎は連続式蒸留法で不純物を少なくして純粋なアルコールに近い状態に作っていますので蒸留直後の状態は乙類焼酎よりもアルコール度数が強いのですが、アルコール度数を36%未満に押さえるために水で薄めて販売していますので、結果的には乙類焼酎のほうがアルコール度数が強いのです。

 

熊本で人気の個室居酒屋で宴会をしよう

 

乙類焼酎は昔からの製造法でアルコール度数は45%で、昔の人は乙類焼酎を飲んでおりました。
乙類焼酎の原材料には芋や穀物、蕎麦を使用していますが単式蒸留器で作りますので、原材料によって異なる臭いや風味、コクが感じられます。
この乙類焼酎の単式蒸留法は室町時代に外国から伝えられた製造法で、明治時代に連続式蒸留法が開発されるまでの日本人は単式蒸留器で造られた乙類焼酎を愛飲していたのです。

 

天神で飲み放題のお店にいこー

 

甲類焼酎とか乙類焼酎という名称は日本政府がアルコール度数によって課税するために決めた称号ですので何の意味も有りませんが、伝統的な本格焼酎としては乙類焼酎が古くから親しまれてきたものになります。
乙類焼酎の製法は途中までは日本酒を作る過程と同じで、麹と酵母、水で第一モロミを作ってイモ類やコメ、蕎麦と混ぜて発酵させて第2モロミを作ります。
この第2モロミを単式蒸留器で蒸留することで出来上がるのが乙類焼酎なのです。
使用する原料によって風味やコク、臭いなどが違ってくるところが楽しみとなる焼酎です。

 

"