ワインに合うおつまみとは

ワインに合うおつまみとは

ブドウの香りが鼻を刺激するワインは、食欲を促進させるお酒として古くから愛されてきました。
現在では、様々な居酒屋やバーで手軽にワインを楽しむことが出来ます。
 

 

ワインの種類や銘柄によって、相性が良いおつまみがあることをご存知でしたでしょうか?
今回は、ワインをさらに美味しくいただきためのおつまみ選びの方法についてご紹介します。
赤ワインに良く合うおつまみとしては、煮込み料理やお肉を使った料理が挙げられます。
お肉については、脂身の乗った赤身の物をチョイスしましょう。
赤ワインは皮ごとブドウを醸造するため、その味わいには渋みが残っています。
その渋みが脂や赤身のお肉のしつこさを消してくれるのです。
赤ワインの香りと渋みを引き出してくれるおつまみとしてお試しいただきたいのが、酸味の効いた料理です。
バルサミコ酢を使用した焼き料理やマリネといった調理方法は、
赤ワインの渋さと絶妙にマッチしながら私たちの舌を満たしてくれます。
一方白ワインは白身のお肉やあっさりした味付けの料理と召し上がってみましょう。
素材の風味や食感を邪魔することなく、ブドウの酸味が食欲を促進させます。
チーズやヨーグルトといった乳製品との相性も抜群です。
赤ワインと白ワインを組み合わせたような味わいのロゼワインは、どんな料理にも良く合います。
特におすすめなのが、お魚との組み合わせです。
甘みが強いと思われがちなロゼワインですが、飲んでみると案外辛口なものも多いのです。
この絶妙な辛さが、魚の食感と風味を引き立ててくれます。

皆さんも、ワインに合うおつまみを求めて居酒屋やバーを巡り歩いてみてください。